問題となってしまった露出作品 その2  渋谷路上 ダンプ・FUCK – 三浦亜沙妃


まずは作品の内容から。

■1.インタビュー
 冒頭ではセクシーなコスチュームに身をまとい挑発ポーズを見せています。
顔が小さく、スレンダーでモデル体型。身長も167cmあるそうです。

■2.ダンプカーFUCK
 場所は渋谷駅前。六本木通りの方の大きな交差点の一角のあたりか?
ここにダンプカーを止めています。
車を止めるとさっそくプレイ開始。着ていたセクシーなコスチュームを脱がせ、パンツ1枚に。
そして男優さんのチンポフェラしています!

 カメラマンは周りの状況等も同時に撮影。電車が通っている様子や、ビルの様子
周りの通行人の状況なども映しています!
目の前にある複数のビルからは丸見え状態のようです!
 そんな状況の中、プレイは続きSEXシーンへ!
そこそこ長い時間SEXをしていました!

■3.通常のプレイシーンへ
 帰って来てから先程の感想を聞くと「あんなところでSEXしちゃったっていうのが未だに信じられない」
と答えていました。
あとは室内でのプレイシーンです。

という感じなのですが、この作品が約1年後にこんなニュースとなって取り上げられることに

ダンプ荷台でAV撮影 渋谷駅前の路上 監督、女優ら7人逮捕
2008.6.20
産経ニュース

 ダンプカー
の荷台でアダルトDVDを撮影したとして警視庁保安課は、公然わいせつの疑いで、ビデオ制作会社「ホットエンターテイメント」社長兼監督、梶俊吾容疑者
(46)=東京都渋谷区恵比寿南=と、女優、三浦亜沙妃こと恵志織容疑者(30)=渋谷区代々木=ら関係者7人を逮捕した。

 調べでは、梶容疑者らは昨年7月20日午後2時50分ごろ、渋谷区のJR渋谷駅前の路上で、アダルトDVDの撮影用にダンプカーを用意し、荷台の上で陰部を露出して性行為をするなどした疑い。荷台に覆いなどはなく、ビルの上など高い場所から見える状態だったという。

 DVDは「渋谷路上 ダンプ・FUCK」のタイトルで昨年10月に販売していて、これまでに約100万円を売り上げていた。梶容疑者は調べに「悪いと思いながら撮影を行っていた」と容疑を認めている。

 また、恵容疑者は同容疑での逮捕時、自宅内で大麻1袋(約6.22グラム)とコカイン1袋(約0.45グラム)を所持していたとして大麻取締法違反(所持)などの現行犯でも逮捕された。

こちらの作品を公然わいせつだとしてニュースでは取り上げられているようですが、
容疑としては「大麻取締法違反(所持)」こちらがメインだったのではないかなと推測します。

撮影は時間にしておよそ10分程度のものだったと思うのですが
周りのビルから見える状態とはいえ、遠目ではあまり分からないような・・・
公然わいせつは公然わいせつなのでしょうが、見逃されるレベルといいますか、
これで逮捕というのは、ちょっと厳しい印象を受けました。

総評:
作品としましては、なかなかスリリングな状況でのSEXシーンなのと、
女優さんのスタイルの良さがよかったです!

過激さ:(6)
羞恥:
(5)
お世話になってる度:
(4)





アダルトブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA